スイベルの種類と用途

◆スイベルの種類と用途

 ヨリモドシ、サルカンなどとも呼ばれるが、目的は同じで、釣り糸同士を結ぶ役目と、釣り糸のヨレを解消する役目がある。

 サイズ=強度であるが、大きいほど重量も重くなるため、必要最小限のサイズを選ぶようにする。

 スイベルにスナップが付属した「スナップスイベル」もある。これは他の釣り具と連結を容易にしてくれる便利品だ。

suibel_002

関連記事

ページ上部へ戻る