リールの役目と特長

◆リールの役目と特長

◯役目

 竿の項で説明したように、竿とセットで使うことで、仕掛けを遠くへ深くへ、流したり飛ばしたりできる道具がリールである。釣りはリールの開発により飛躍的に狙える魚種やフィールドが広がったといるだろう。リールの主な役目は釣り糸の回収と収納、それにスムーズな放出だ。釣っている間中、リールハンドルを回して釣り糸を回収したり、リールのベイルをあけてラインを放出したりと絶えず働き続けている。

reel_002

◯種類

 主にスピニングリールと呼ばれる、竿に対して釣り糸を垂直に巻き取るものと、竿に対して平行に巻き取る両軸リール(ベイトリール)がある。圧倒的にスピニングリールが多く使われているが、釣りによってメインに使用するリールの種類が変わる。

 スピニングリールの長所は、釣り糸放出時に抵抗が少ないためスムーズに仕掛けを飛ばしたり流すことができる。短所は、釣り糸を巻き取る際に構造上ヨレが生じるため、ラインがパーマ状になりやすいことだ。

 両軸リール(ベイトリール)の長所は、釣り糸を真っ直ぐに巻き取るため巻きグセがつきにくいこと。また、指で押さえるだけでラインの出方を微調整できるので、繊細な釣りに向いている。短所は、仕掛け投入時にリールスプールが逆回転して抵抗が発生するため、スピニングリールに比べて遠くまで飛ばしにくいこと。また、急に仕掛けを止めるとリールスプールの回転が止まらず釣り糸が絡んでバックラッシュすることだ。どちらも、長所が生かせる釣りでメインに活躍している。

 そして間違ってはいけないのが海水へ対応しているかだ。ブラックバスで使用するタックル類は海水非対応のものもある。特にリールは金属が多く使われているため、サビ対策ができているものを使用することだ。

◯サイズと道糸の長さ

 リールのサイズを決める場合、使用する道糸(釣り糸)の長さに比例する。つまり、水深50m付近を釣りたい場合、道糸はそれ以上必要ということだ。

 例えば、堤防などでウキ釣りやサビキ釣りをする場合、堤防周辺の水深は平均して10mくらいだ。これに仕掛けを投げる距離や流す距離を計算すると約50mくらいの道糸が必要だと計算できる。

 投げ釣りの場合は飛距離に比例するので、100m投げたければそれを用意すればいい。

 しかし、釣っている最中に道糸が切れてしまった場合、釣りが続行不可能になってしまう。加えて、釣りの度に道糸を結び直したリするため、徐々に短くなってしまう。これを見越して道糸は使用する長さよりも充分すぎるほどリールスプールに巻いておく必要がある。ただし、多ければ良いというものではないので、左の表を参考にすればいいだろう。

reel_003

◆リールの使い方

◯購入してからすること

 リールは道糸がセットされていものと、そうでないものが販売されている。しかし、セットされている道糸はおまけ的な要素で付属しているため、数回使用したら巻き替えたほうが懸命だろう。これから釣りをすることと耐久性などを考慮して、できれば有名メーカーの箱入り品をおすすめする。

 上記の表に目安としてリールの番数と道糸の長さをあげている。この長さを目安に巻けばよいが、ほとんどの道糸がスプールに巻いた切り売りになっており、100m、150m、200mが一般的。特に、ウキ釣りやサビキ釣りで使用するナイロンラインは150m巻がほとんどだ。

 つまりどういうことかというと、200m巻けるリールスプールがあっても、実際に売られている道糸は150m巻しかないということになる。そして50m不足したまま釣りをすると、スピニングリールの場合はライン放出時にスプールエッジに掛かる抵抗が大きく、スピニングリールの利点であるスムーズな道糸の放出が台無しになってしまう。

 市販品の道糸の長さと、リールスプールの糸巻き量が合わないというのは両軸リールでも同様で、こんなときは下巻き糸を巻いてかさ上げしてから、実際に使用する道糸を巻くのが一般的である。

 まずは廉価品のナイロンラインを不足分巻き、実際に使用する道糸を直結してその上に巻くという作業を行う。こうすることでリールスプールには丁度良い量が巻かれることになる。

reel_004

◯ドラグ機能

 ほとんどのリールには「ドラグ機能」が搭載されている。これはリールスプールを締める機能で、締める強さを調整して使用する。

 魚とのやり取り中に使用している道糸の強さよりも大きな力が加わったとき、当然道糸は切れてしまう。しかし、道糸が切れる前にリールスプールが逆転すれば、道糸が切れることなく魚とのやり取りが続行できる。また、仕掛けを投げる際にどこかに引っ掛けてしまった場合、竿が折れてしまう可能性があるが、このときも竿が折れる前に道糸が出てくれれば破損することもない。

 応用として、口が軟らかい魚を釣る場合も、少しゆるく設定しておけば口切れして魚を逃すことも少なくなる。

 設定の方法は、ドラグチェッカーなど専用の機器を使うのが理想だが、無い場合は大雑把な設定方法であるが、道糸を手で強く引くと逆転するくらいには設定しておこう。

 投げ釣りのリールにはあえてドラグ機能を付加していないものもある。これは、重いオモリを投げる際にドラグ機能が働いてスプールが逆転してしまうと、道糸を押さえている指が切れてしまうからだ。投げ釣りや重いオモリを使う際はドラグの緩みに注意しよう。

reel_005

◯カスタムパーツ

 同一メーカーのリールであれば、スプールの互換性があるものも発売されている。1台のリールを購入して互換性がある番数違いのスプールを持っていれば、2000番と3000番のスプールを使い分けることも可能ということだ。これは機種により異なるので、カタログやインターネットで確認するとよい。このパーツ互換システムはスプール以外にも、ハンドルやハンドルノブ、レバーなどもあるので、オリジナルの1台に仕上げることも可能だ。

関連記事

ページ上部へ戻る