竿の役目と特長

◆竿の役目と特長

◯役目と種類

 竿を使う一番の理由は、仕掛けを操作しやすいということだ。仕掛けを投げる、魚が掛かったらアワせる、魚を引き寄せるという一連の動作をより簡単にしてくれる役目を担っている。大別すると竿へ直接釣り糸をつないで使用するノベ竿と、リールをセットして使う竿がある。現在は後者が主流で、このことでより遠く・深く釣ることが可能となっている。さらにリールをセットして使う竿には、釣り糸を通すガイドが付いている「外ガイド」と、ガイドが無く竿の中に釣り糸を通す「中通し」タイプがある。

rod_003

◯振り出しと継ぎ竿

 竿を伸ばしたまま移動するのは不便なため、多くの竿が振り出し仕様になっている。いわゆる伸縮できる仕組みで、長い竿でも短くしまうことが可能だ。

 キャスティングがメインの釣りの場合(投げ釣りやルアー釣りなど)、重い仕掛けを遠くまで投げる必要があるため、竿に適度な硬さが求められる。硬い竿を作るには肉厚にする必要がある。これを中空である振り出し竿で作ると重くなり向いていない。キャスティングがメインになる竿に「継ぎ竿」が多いのはこのためである。継ぎ目がなく長いままの「ワンピース」タイプもある。

rod_002

◯選び方

 竿は釣り方に合わせて選ばなければいけない。1本持っているだけでは様々な釣りを楽しむことはできない。だから、釣法に合わせた竿を用意する必要がある。裏を返せば、それ専用の竿でないと釣りを充分に満喫できないということになる。

 しかし、釣法に合わせた竿を全て揃えるのは現実的ではない。自分に合った釣りスタイルを見つけ、メインに楽しむ釣りに合わせて竿を購入するのが一般的だ。

 例えば、堤防でウキフカセ釣りをやりたい場合は、磯竿1号5.3mがすすめられる。シーバスを始めたいなら、8.6ft/ML(ミディアムライト)、というふうに、釣り方に合わせた標準スタイルがあるので、別表を目安にするといいだろう。

rod_004

rod_005

◯海水用と淡水用

 淡水(ダムや川など)で釣り具を使用する場合はあまり神経質になることはないが、海で使用する釣り具はサビに対して対策がされたものが好ましい。特にガイドがサビやすく、それによる破損も多い。しかし、いくらサビに強い素材を使用しても全くサビないわけではない。これは淡水用も同じで、手入れしなければ金属部分がサビることもあるので、メンテナンスはこまめに行う必要がある。

◯素材

 主流はカーボン素材をメインに使用した「カーボンロッド」だ。有名メーカーのカタログや商品説明書には使用している素材含有量が記されている。

 炭素繊維であるカーボン素材は強度があるため、竿をより細く作ることができる。これに粘り性能をプラスするため、グラス繊維を混ぜている商品が多い。しかし、グラス繊維はカーボン繊維に比べて安価であるため、廉価品の竿ほどグラス繊維含有率が高くなるようだ。もちろん、グラス繊維の粘り性能を生かすため故意に多く配合している竿もある。

 簡単に説明すると、カーボン繊維の強さ(強度・反発力)と、グラス繊維の粘り強さを合わせることにより、軽量で使いやすい竿ができあがるということだ。

◯調子

 竿の調子とは、竿の曲がり具合と考えればいいだろう。例えば、魚が掛かっても竿の先端がメインに曲がるならその竿は先調子で、ルアーではファストテーパーと表現される。曲がり具合は好みもあるが、その竿のメインターゲットに合わせて設計されている。最初は対象魚に合わせた標準的な竿を購入し、慣れてくれば好みに合わせて選択すればいいだろう。

◯硬さ

 エサ釣り用の竿のほとんどが号数表示されている。しかし、統一基準がなくメーカー独自で決められている。船釣りや投げ釣りは使用できるオモリの号数と合わせているものが多いが、磯竿は強さの表示となっているので、購入時はスペックをよく確かめて決めること。また、ルアーロッドは左図のようにアルファベットの頭文字で表示されている。

◯ガイドの種類

 竿にセットされているガイドは、釣り糸がスムーズに通るように工夫されているのはもちろん、ラインを摩擦熱で傷つけにくい素材のリングや、釣り糸が絡みにくい形状が採用されている。このガイドの性能の違いは大きく、竿の値段まで変わってくるほどだ。

 特に海用はサビに強くなければならないため、ガイドフレームにはステンレスやチタン素材が好まれている。釣り糸が直接当たるガイドリングはSiCリングが主流。

 近年、ルアー釣りではPE素材の釣り糸が主流となっている。PEラインは他の釣り糸に比べて強度があるためより細いラインが使用可能である。しかし、コシが弱いためガイドや竿への糸絡みが多く、編み込みラインのため通常のガイドリングでは摩擦などで破損してしまうことがある。PEラインを使うときは、PEライン対応のガイドが搭載された竿を選ぶようにしよう。

◯リールシート

 大別すると竿と一体型でネジを回して固定するパイプ型と、竿にシートを取り付けて金具を調整してリールを固定するシート型に分けられる。

 古くから後者が使用されてきたが、対象魚や釣り方に合わせた竿の多様化に伴い、現在ではメリットが多いパイプ型が幅広く採用されている。

 間違ってはいけないのがセットできるリールのサイズだ。リールフットのサイズ表などは記されていないので、購入時に確認する必要がある。

 もう一つが、セットできるリールの種類だ。海釣りではスピニングリールが大半だが、船釣りやルアー釣りではベイトリール用もあるため、間違って購入しないように注意しよう。

rod_006

rod_007

関連記事

ページ上部へ戻る