ウキフカセ釣り

◆ウキフカセ釣り

 この釣りの最大の特徴は、マキエをヒシャクで撒きながら魚を寄せて効率よく釣ることだ。世界的にもあまり類がなく、日本発祥の釣り方といってもいいだろう。

 本来は、釣り場に生息する全魚種が対象となるのだが、この釣りのもう一つの特徴はメジナ釣りとクロダイ釣りの2つに分けられるということだ。メジナ狙いとクロダイ狙いで若干釣り方やエサの内容が違ってくる。

shikake_fukase_001

◯メジナ狙い

 メジナは根魚のように海底にある岩礁帯近くに身を潜めているが、エサが流れてくると浅い場所まで補食しに浮上してくる。ウキフカセ釣り以外でメジナを専門に狙う釣り方は少なく、この浮上してくる性質を最大限に利用している釣法だ。マキエを撒いて底にいるメジナを浅い海域までおびきだし、集まったメジナを効率よく狙って釣る。

◯クロダイ狙い

 クロダイは湾奥や汽水域にも多く棲息するため、釣りの中でも上位に位置する人気魚だ。そのことから多種多様な釣り方で狙われている。クロダイ狙いのウキフカセ釣りは、堤防釣りの代名詞ともなっており愛好者が多い。また、近くの堤防で50㎝を超える大型が釣れるのも魅力の一つである。

 クロダイはメジナと対照的で、底付近をカケアガリに沿って回遊していることが多い。このため、マキエで浮かせて釣るよりも海底にマキエを溜めて回遊中のクロダイを足止めしてから狙うというイメージが強い。

 

ウキフカセ釣りは、釣りの中でも必要な道具が多い。このため入門者には少し敷居が高く感じられてしまうが、エサ釣りの中ではダントツで人気がある釣り方だ。

shikake_fukase_005

◯キャップ・偏光グラス
日射からの保護と不意に飛んでくるハリやオモリなどからも守ってくれる。偏光グラスは海中の様子も観察できて一石二鳥。

◯タモ
タモの柄とタモ網のセット。細い釣り糸を使うため、大型が掛かったときには重宝する。5m以上のタモの柄がおすすめ。

◯フローティングベスト
釣りには絶対に必要なものだが、ポケットが多くあるベストは、道具が多いウキフカセ釣り用に設計されており、使いやすさは折り紙つきだ。

◯マキエヒシャク
身長に合わせるが、70cm前後のシャフトが使いやすいだろう。

◯バッカン
マキエを入れる道具。EVA素材が主流で、セミハードバッカンがおすすめ。

◯水くみバケツ
釣りには欠かせない道具だが、マキエを作るとき、釣り場を清掃する際に使う。

◯ツケエバッカン
オキアミや練りエサなどのツケエを入れるケース。取り出しやすさはもちろん、乾燥防止にも効果大。

◯パーツケース
小物が多いウキフカセ釣りには必須の道具。整理しておけばすぐに取り出せるのはもちろん、不足品がすぐにわかるので忘れ物防止にもなる。

◆釣り方の基本

 初めての場所でどこを狙っていいか分からなければ、仕掛け投入位置は岸から7mくらいを目安にする。堤防の際には基礎石がこれくらい敷いてあるためその終わり際を狙うイメージだ。

 投入した仕掛けが流れに乗って流れ始めるので、ウキをめがけてマキエを3杯以上撒く。理想はマキエと仕掛けが同調して流れることだ。このとき、ウキ止めまで仕掛けが沈みやすいように、竿をあおって少し余分に道糸を出しておく。ウキ止めまで仕掛けが馴染んだら、道糸は流れに合わせてリールから出すようにする。道糸を余分に出し過ぎるとラインが必要以上に流されてしまい、仕掛けが自然に流れずにマキエから外れてしまうので注意。

 ウキに出るアタリは様々。一気に沈んだり少しだけ沈んでずっと止まっていたりだ。このとき、慌てず一呼吸おいてからアワせるのが失敗しないコツだ。特にクロダイを狙っているときはウキが見えなくなるまで待ってもいいくらいだ。何度も失敗するようなら、アワせるタイミングを調整する。

 アワせ方は、糸フケを巻き取りウキが沈んだ方向とは逆に竿を立てるイメージで、鋭く短く行う。

 魚が掛かったら、竿を立てて応戦する。リールは無理に巻かず、竿を立てることで魚が寄ってきた分竿を倒しながら巻く。常に魚とのテンションを一定に保つのが魚をバラさないコツだ。

 魚が寄ってきたらまず海面に浮かせるまで辛抱する。魚が空気を吸うと弱るからだ。これを口を切らせるという。

 

shikake_fukase_002

①仕掛けを振り込む。ウキが着水する寸前に手で道糸を止めてやると、仕掛けが真っ直ぐに伸び絡みにくくなる。
②ウキの周囲に3杯以上のマキエを撒く。潮上に撒くのがコツ。
③アタリがあれば一呼吸置いてアワせる。鋭く小さくが基本。
④竿を立て気味にして、竿の弾力を生かしながら魚を寄せる。

◆釣るためのコツ

 魚は流れていない海域よりも、潮の流れがある潮通しが良い場所を好む。しかし、魚の種類によって潮の速さに好みがある。

 メジナは泳ぎが得意なので、少々速くてもお構いなしにエサを求める。潮が動いていない場所は好まず浮いてこないことも多い。

 クロダイは逆で、泳ぎがあまり得意ではないため潮流が速い場所は好まず、その周辺の潮が緩む場所や障害物に隠れていることが多い。潮がたるむ場所である。

 このように魚と潮の動きは大きく関係するので、流れの変化を感じ取ることができれば、さらなる釣果を手にすることだろう。

 また、仕掛けを流している途中で故意に止めてみたりすることも魚の食い気を誘うテクニックだ。

shikake_fukase_004

ページ上部へ戻る