ウキ釣り

◆堤防・小磯のウキ釣り

全ての魚が対象のエサ釣り

 釣りをレジャーとして広めた功労者ともいえるウキ釣りは、エサや仕掛けを変えるだけでほとんどの魚種が対象になる。一見複雑に見える仕掛けも、原理さえ理解すれば応用が効く。

shikake_uki_002

◯ウミタナゴ狙い

 おちょぼ口でエサをかすめ取りアタリが繊細でアワセのタイミングが難しいため、ウキ釣りの基本が学べる。さらに、仕掛けの振り込みはそっと行い警戒心が強いウミタナゴを散らさないように狙うのも、全ての釣りで共通して必要なテクニックだ。

 仕掛けはアタリが出やすい二段ウキ仕掛けがおすすめ。もちろん円錐ウキや棒ウキでも問題ない。

 エサは細めのイソメを小さく付けたり、サシアミが好まれる。藻場や障害物がある穏やかな海域が狙い目で、群れで行動している。1尾釣れたらさっと取り込んで次を狙ってみよう。

◯サヨリ狙い

 ウミタナゴと同様のウキ釣り仕掛けで狙えるが、サヨリはマキエで海面近くに多く寄せることができるため、ウキとカゴが一体化したカゴ仕掛けが使いやすい。マキエはアミのみをカゴに詰めるか、アミにサヨリ用の集魚剤やパン粉を混ぜて使用する。ツケエはサシアミがベストだ。手返しよくを心掛けよう。

 ウキ釣りはハリの種類や狙う場所・水深・エサを変えるだけで対象魚を変えることができる万能的な仕掛けだ。様々な釣りに応用できる知識やテクニックが学べるので、ぜひとも習得しておきたい基本の釣り方だ。

shikake_uki_003shikake_uki_004

◆大物を狙うウキ釣り

shikake_uki_005

◯スズキ釣り

 スズキはフィッシュイーターとして有名で、泳がせ釣りやルアー釣りのターゲットでもあるが、ムシエサを使った夜のウキ釣りも夏場の風物詩として愛好されている。エサとなるイソメ類の生息域は砂泥質で、特に河口域での数が多い。このことから、夜のスズキ狙いも河口部で楽しまれている。

 仕掛けも狙い方もシンプルで、初心者にもおすすめできる釣り方だ。しかも、大型が狙えるとあって期待感も充分である。

 ウキは電気ウキかウキトップに発光体を取り付けて使用する。最近は円錐ウキ型の電気ウキも多く市販されており、こちらのほうが仕掛けのトラブルが少なく使いやすい。

 夜間はどの魚も警戒心が薄れ、岸近くに寄ってきて比較的浅い層を遊泳している。スズキも同様で狙うタナは1〜2mくらいを標準に、5mくらいまでを探る。

 ツケエはイソメを1本のハリに3〜5匹の房掛けが一般的。スズキは口が大きいので小さなハリなど丸呑みにできるが、海水と一緒に吸い込んで食べるため、きっちりと吸い込ませてからアワせるのが基本だ。 

◯タチウオ釣り

 仕掛けは泳がせ釣りとさほど変わらないが、タチウオは魚の切り身や死んだ魚でも狙うことが可能だ。それと鋭い歯を持っているためハリスはワイヤーを使用する。

 動かないエサを使用する場合、たまに誘いながら狙うと効果的だ。仕掛け投入後しばらくアタリがなければ、竿を頭の上まですっと立て、リールで道糸を巻き取りながら竿を下げ、再度アタリを待つ。この繰り返しで足下まで狙うのが基本だ。

 アタリがあっても一度目ではアワせず、タチウオがグッと引っ張るまで待ってから大きくアワせるのがコツだ。

shikake_uki_006

ページ上部へ戻る