サビキ釣り

◆サビキ釣りとは

 マキエを詰めるカゴと疑似バリが沢山ついた仕掛けを使って、アジやイワシなどの小魚を釣ることができる。

 エビに似た「アミ」というエサをカゴに詰め、海へ投入すると海中でエサが拡散し、魚が集まってくる。仕掛けにはエサに似せて作られたハリがついており、集まってきた魚がエサと間違って食いつく仕組みだ。

 港内の波静かなポイントで狙えるので他の釣りと比べると安全性は高く、釣り方も簡単。さらに群れに当たれば入れ食いになることもある。釣り入門やファミリーで楽しむには持ってこいの釣りだ。

 

◆主な対象魚

○アジ

season_aji_01

堤防からのサビキ釣りでは人気ナンバーワン。季節によって10cm以下の豆アジサイズから30cm以上のビッグサイズまで堤防から狙える。群れに当たれば入れ食いになることもしばしば。食味はよく、小さなものは唐揚げや南蛮漬けに、大きなものは刺身が最高。揚げたてのアジフライは魚が苦手な子供もきっと気に入るはずだ。

○サバ

season_saba_01

アジと並ぶ日本の大衆魚の筆頭。しかしその引きはアジに比べ段違いに強く、興奮すること間違いなし。ただし、ハリ掛かりしたときに横に泳ぐため、混雑する釣り場では他の釣り人と仕掛けが絡まないように注意する必要がある。

○イワシ

season_saba_02

年々数が減ってきているが、時折大群が接岸し、数日釣れ続くこともある。マイワシの他、カタクチイワシやウルメイワシなども釣れる。南日本でよく見られるトウゴロウイワシはイワシよりもボラに近く味も少し落ちる。

○コノシロ

season_saba_03

小骨が多く煮ても焼いても味が今ひとつなことから釣れるとリリースされることも多いが、酢漬けにすると大変おいしく食べられるため専門に狙う人もいる。評価が真っ二つに分かれる魚だ。

○サッパ

season_saba_04

ニシン科の魚で主に汽水域に生息する。ママカリという別名でも知られ、ママカリ料理は瀬戸内の郷土料理として有名。コノシロとよく似ているが体の側面に黒点がないことで判別できる。

 

◆基本のサビキ釣り仕掛け

上カゴ式と下カゴ式

 水深が10m以上あるような深めのポイントで狙ったタナを攻めやすいのが上カゴ仕掛け、水深の浅いポイントで手返し良く釣りをするのに有効なのが下カゴ仕掛けである。例外はあるが、東日本では上カゴ、西日本では下カゴが主流となっている。

 どちらの仕掛けも仕組みや釣り方は同じだが、パーツが少ない分、下カゴ仕掛けの方が扱いやすいようだ。どちらも試してみて自分に相性のいい方を見つけよう。

◯上カゴ仕掛け

shikake_sabiki_uwakago

◯下カゴ仕掛け

 上カゴ仕掛けは、仕掛けの上下に重量のあるカゴとオモリがあるためキャスト時に仕掛けが絡まることがある。ビギナーは下カゴから始めた方がとっつきやすいだろう。また、吸い込みバケツを使えるメリットもある。

shikake_sabiki_shitakago

◯遠投ウキ仕掛け

 基本的に足下から数mの範囲しか狙えないサビキ仕掛けに、ウキを付けるだけで狙える範囲はグンと広がる。沖にいる大物もターゲットになるのだ。図は上カゴ式だが下カゴ仕掛けでもよい。

shikake_sabiki_ukisabiki

 

◆ワンポイント

■マキエカゴ・袋

 マキエ(アミ)を詰めるカゴ。東日本と西日本で分かれており、東日本はオモリなしのカゴ(袋)を仕掛けの上部につけ、仕掛けの一番下に5〜8号のオモリを取り付ける。西日本は仕掛けの下に4〜10号のオモリ付きプラスチックカゴを取り付けるのが主流だ。仕掛けと同様に根掛かり等での損失を考慮して3個程度の予備を用意しておいた方が安心。

shikake_sabiki_fukuro

■竿

 釣具店で「サビキ釣り用」や「万能竿」として販売されているものを選ぼう。5,000円も出せばサビキ釣りには充分すぎる竿が購入できる。

 ルアーロッドや投げ竿があれば流用できるが、磯竿を使う場合は注意が必要。あまりに細いものだと折れてしまうからだ。2号以上のものであれば使っても問題ないだろう。

 遠投せず足下を釣る場合は渓流用のノベ竿でも問題ない。逆にトラブルが少なく手返しが早まるため数を釣り上げるのに向いている。

 竿の号数はメーカーや竿の種類によってまちまちだが、数字が小さいほど柔らかく、大きくなるほど硬くなると覚えておけばよいだろう。

 小学生以下の子供なら3m前後のコンパクトロッドがおすすめだ。ただし、ハリがたくさん付いた長い仕掛けは扱いにくく釣りにくいため、竿の長さに合わせて短い仕掛けを用意する必要がある。

■リール

 中型のスピニングリールで2〜3号の道糸が100〜150m巻けるもの。竿が長い場合は大きめの方が使いやすい。3000番クラスならチョイ投げ釣りにも流用できる。

 竿とセットになって販売されているものもあるが、セット品は耐久性に劣るものが多い。これから使い続けることを考えればリール単体で購入した方が無難だろう。

■吸い込みバケツを活用しよう

shikake_sabiki_baketsu

サビキ釣り専用設計で、手を汚すことなく簡単にマキエを詰めることができるアイテムである。カゴをバケツの中央に入れて2〜3回シャクると、バケツ内が撹拌され、舞い上がったアミが自動的にカゴの中に入る仕組みだ。

■サビキ仕掛け

 市販のサビキ仕掛け。ハリの号数は釣れる魚の大きさに合わせる。20cm程度までのアジやイワシなどがターゲットなら4〜7号、20cm以上の魚を狙うなら8号以上が目安。日中はピンクスキンやサバ皮、まづめ〜夜は夜光タイプがよい。

 エサを買うときに釣具店で聞けば最適な仕掛けのサイズやカラーを教えてくれるははずだ。

 絡まって切れたり根掛かりすることもあるので予備を3〜5セット用意しておこう。

■スイベル

 道糸と仕掛けを繋ぐときに使う。なくてもかまわないが、仕掛けのヨレを抑えることができるので付けた方がよい。ヨリモドシやサルカンなどの名称で販売されていることもあるが基本的な機能は同じである。

shikake_sabiki_omori

■オモリ

 オモリ付きカゴを使わない場合は仕掛けを沈めるためのオモリを仕掛けの一番下にセットする。ナス型オモリの4〜8号が一般的。

 

◆基本の釣り方

◯投入〜着底

 エサをカゴに詰め、仕掛けを投入したら道糸の動きに注目する。オモリの重さで引っ張られてピンと張っていた道糸がフワリとゆるんだらオモリが海底に着いた合図だ。リールのベイルをすぐに戻す。

 ここでモタモタしていると絡まってしまうので、海底から仕掛けが50ほど離れるようにリールを巻く。

◯竿をあおる

shikake_sabiki_enmaku

 仕掛けが底から少し上がった位置で止めた状態でしばらく待ち、アタリがない場合は、カゴに入っているマキエを放出するために竿をあおる。勢いよく上げる必要はなく、竿をゆっくりと立てる程度でよい。

 1度に2〜3回あおり、しばらく動きを止める。マキエで縦長の煙幕を作り、その中にハリを漂わせるイメージだ。マキエが左右に流される場合は、流れる方向に竿を移動させ、煙幕から仕掛けが外れないようにする。

 アタリがなければ再び竿をあおるのだが、3回ほど繰り返すとカゴの中のマキエが出つくしてしまうので、リールを巻いて仕掛けを上げ、マキエを詰め直す。

◯アタリが出たら

shikake_sabiki_oigui

 魚が仕掛けに掛かるとブルブルと手元にアタリが伝わる。ここで慌てて強くリールを巻くと口切れを起こしてバラしてしまうので、まず軽く竿をあおってしっかりとハリを食い込ませ、糸をゆるめないように張りながらリールを巻いて手前まで寄せてくる。

 魚の活性が高いときはアタリがあってもすぐに上げず「追い食い」を狙ってみよう。最初に掛かった魚が小刻みに震えて仕掛けを揺らしエサの動きを演出してくれるので次々とハリに掛かる。この方が1尾ずつ釣り上げるよりも数を稼ぎやすい。

 ただし、サバのように横に走る魚がまじる場合は、仕掛けが絡んでしまうこともあるので、1尾ずつ上げた方が効率的だ。

◯釣り上げたら

 釣り上げた魚はタオルや魚ばさみで掴んでハリを外す。利き手で魚を持ち、もう片方の手でハリを持つと外しやすい。ハリは固定したまま、魚の方を動かすイメージだ。複数ハリ掛かりしたときは上から順番に外した方がトラブルが少ない。

 美味しく食べるためには血抜き処理などをするのが理想だが、サビキ釣りは手返しが勝負。マキエがなくなると魚はすぐに別の場所に移動してしまうので、なるべくマキエを切らさないように、釣れた魚はとりあえずバケツやクーラーに放りこんで次を狙おう。

◯釣れないときは

 周囲の状況を見て誰も釣れていないような場合は、魚が回遊していない可能性がある。回遊してくるのを我慢強く待つか別の釣り場へ移動した方がよいだろう。

 周囲が釣れているのに自分だけが釣れないようなときはその原因を探ろう。

 まずは誘い方を変えてみる。大きく竿をあおっていたのを小刻みにしてみたり、その逆も試してみる。じっと静止させたままにしておくのが有効な場合もある。

 次にタナを調節してみる。魚種の違いや、天候、水温、時間帯などの条件によってタナは変わるので、色々ためしてみよう。

ページ上部へ戻る