投げ釣り

◆投げ釣り

 魚がいるポイントが遠い場合や深場を攻めるためには遠投する必要がある。チョイ投げ仕掛けではいくら頑張っても50m程度。そこで、重いオモリとそれに耐えられるタックル・仕掛けを使った遠投仕掛けが必要となる。万能竿やルアーロッドの流用はできない。当然ながら投げ釣り専用に設計されたものが必要となる。

 一番の違いは道糸の種類だろう。ナイロンラインは空気抵抗が大きく飛距離を延ばしにくい。そのため、100m以上の遠投が必要な場合は細くても強度があるPEラインを使用する。

 PEラインはナイロンラインと比べると伸びがほとんどなく、重いオモリを遠投しようとすると瞬間的に大きな負荷がかかり仕掛けとの結び目で切れてしまうこともある。それを防ぐために、道糸とオモリの間にクッションの役目を果たす「力糸(ちからいと)」と呼ばれる太めの糸をはさんで衝撃をやわらげる。

 

◆対象魚

shikake_nage_fish

 チョイ投げと同じく多くの魚種が狙えるが、2大ターゲットとしてシロギスとカレイが挙げられる。

 まず、夏の釣りの代名詞とも言えるのがキス(シロギス)である。小さな体からは想像できないような力強い引きで「小さな大物」の異名を持つ。釣り具メーカー各社や釣具店主催で毎年釣り大会が開催されていることも人気を裏付けている。

 一方、冬場を中心に人気が高いのがカレイである。カレイの仲間は多く、日本近海だけでも40種類以上いるが、投げ釣りのターゲットとなるのは数種類しかおらず、特にマコガレイとイシガレイの人気が高い。

 

◆必要な道具

◯竿

 投げ釣り用の竿には振出タイプと並継タイプの2種類がある。前者はコンパクトに収納できて扱いやすい万能タイプ。後者は多少扱いにくいが遠投がきくタイプである。入門者には振出タイプがおすすめだ。

 長さの基準は4m。これは体力や身長、釣り場に合わせて選ぶが、ほとんどの場合、この長さで大丈夫だ。

◯リール

 ウキ釣りやルアー釣り用のリールも流用できるが、遠投する場合は投げ釣り専用リールの方が有利だ。大口径のスプールを装備しておりギア比も高いため巻き取りが速く、仕掛けを回収するのも早い。

◯道糸

 キス狙いならナイロンラインの3号、カレイなら4号が基準。投げ釣り用に設計された道糸は25mごとに色分けされているものが多い。この色分けで仕掛けがどの距離にあるかを把握することができるため、遠投する場合は投げ釣り専用道糸を迷わず選ぶこと。

 100m以上投げようとするならPEラインが必要。細くて丈夫なのが特徴だが、扱いにくい面があるため入門者には向かない。

◯力糸

 道糸と仕掛けの間に取り付ける補強ライン。テーパー状になっており、細い方を道糸に、太い方を仕掛けに結ぶ。

■力糸(ちからいと)の役割

 PEラインは細くても強度があるため遠投には欠かせない。しかしナイロンラインと比べると伸びがほとんどなく、重いオモリを遠投しようとすると、瞬間的に大きな負荷がかかり仕掛けとの結び目で切れてしまうこともある。それを防ぐために、道糸とオモリの間にクッションの役目を果たす「力糸」と呼ばれる太めの糸をはさんで衝撃を和らげる。
 市販されている力糸は3号から12号などとテーパー状に太さが変わるものが多い。長さは10〜15mで、通常3〜5本入っている。

◯テンビン&オモリ

 対象魚や釣り方、釣り場によって多くの種類があるが、L型テンビンとジェットテンビンがポピュラーだ。L型テンビンは固定式と遊動式に分けられるが、アタリ重視なら固定式、食い込み重視なら遊動式がよいだろう。

 オモリの重さは15〜40号が必要で、狙う距離や釣り場の状態に合わせる。

◯仕掛け

shikake_nage_001

 ベテランになるとラインやハリを組み合わせてオリジナルの仕掛けを作る釣り人が多いが、初心者には手軽でセットも簡単な市販仕掛けがおすすめ。

 狙う魚種に合わせて号数別に2〜3セット用意しておけば根掛かりで仕掛けをなくしても安心だ。砂浜からのキス狙いの場合、3〜5本バリ、カレイ狙いの場合2〜3本バリがよく使われている。

shikake_nage_002
shikake_nage_003

 

◆キス狙いとカレイ狙い

 投げ釣りの釣り方には大きく分けて2種類ある。1本竿で頻繁に誘いを入れてサビいていく方法と数本の仕掛けを投げてじっくりとアタリを待つ方法である。前者はキス釣りに、後者はカレイ釣りに代表される。

○サビいて狙うキス

 堤防のチョイ投げでは、仕掛けを投入して待っているだけでもキスは釣れる。しかし砂浜ではそうもいかない。釣果を伸ばすには数を投げ、サビき続ける必要がある。

 近距離でアタリがある場合は無理に遠投せず投入回数を増やした方がよい。遠投すると広範囲を探れるが、その分仕掛けの回収にも時間がかかるため、効率よく探る必要がある。

 まずは思い切り遠投して手前までサビいてくる。アタリがあったら、そのポイントの10〜20m先に再度投げ、アタリのあった辺りをゆっくりサビいて集中して探る。

アタリのあったところを通過したら早巻きして回収し、エサをチェックしてすぐに次を投げる。

 キスは追い食いさせるのが数釣りの秘訣だが、常に仕掛けにテンションを掛けていなければ魚が暴れて絡まってしまうので、アタリの後は巻くペースを変えないこと。

○待って釣るカレイ

 キス釣りと違い、カレイ狙いの場合は一般的に2〜3本の竿を使い、それぞれ投げる方向や距離を変えて広い範囲を探る。

 狙いのポイントに仕掛けを投入したら、糸フケを取って仕掛けを落ち着ける。あとは基本的に釣れるまでそのまま待つわけだが、やはり誘いをこまめに入れることでカレイにエサをアピールすることができる。

 誘いは頻繁に行う必要はないが、数分に一度、底が砂地であれば引きずるように、障害物がある場合はオモリを一旦浮かせて着底させるように、ゆっくりと数m動かそう。あまり速すぎるとカレイが捕食する間がないので注意を。

 アタリは、完全に竿先を押さえ込むこともあれば、わずかに竿先が揺れる程度の場合もある。アタリがあればかなりの確率でハリまで食い込むため見逃さないように。いずれにしても早アワセは禁物だ。じっくり飲ませてから、ゆっくりと大きくアワセを入れて巻き取る。

 巻き取りは一定のスピードで、あまり竿をあおらない方がバラシは少ない。

ページ上部へ戻る