キス・ハゼ・メゴチ

◆ポイント

◯キス・メゴチ

 キスやメゴチは砂浜や粒の小さな砂利浜に好んで生息しており、漁港内外で狙うことができる。河口付近でも狙えるが、塩分濃度が薄い海域をキスは嫌うため、下げ潮時は沖へと戻ってしまう。シーズンは初夏〜晩秋までと長くチョイ投げでも25cmクラスが狙える。

◯ハゼ

 汽水域を好むハゼは秋が本番。河口よりも少し上ったところに多く群れており、川のカーブなど流れが緩やかになる部分が狙い目。

◆釣り方

 一番気を配りたいのはフック。大きなものでは掛かりが悪く、細長くフトコロの狭い形状をした、エサ釣りで使われる袖バリやキスバリがおすすめ。アジング用の小型フックでも代用可能だ。

 次にシンカーの重量。これは使用するロッドに大きく影響される。もちろん重いほうが遠投ができるため狙える範囲が広く効率が良いが、メバリングなどのティップが柔らかいロッドだと、魚の引きをティップが吸収してしまいフッキングが悪くなってしまう。通常キス釣りではアワセは入れない。アワせてもあまり掛からず、向こうアワセでハリ掛かりするのが理想だ。

 柔らかいロッドを使うときは、できるだけシンカーを軽くしてアタリがあったら軽くアワせられるようにしておくといいだろう。

 重いシンカーを使いたい場合は、エギングロッドやシーバスロッドの方が断然フッキング率が高くなる。ロッドが硬いと魚が引いいたときに自動的にフッキングするためである。

 魚が小さいから、掛かりが悪いからといってよりライトなタックルを選ぶのではなく、その原因を考えながら仕掛けを変更するのが多く釣るコツだ。

lure_kisu_002

lure_kisu_003

◆ルアー

 もちろんムシエサに似たワームで狙うのがベスト。メバリング用の1inほどのワームから、アジングなどの3inと長いものまで切らずにそのまま使える。

 フックへの刺し方は通常通りで構わないが、先端にハリ先を通すチョン掛けでもOKだ。ボトムをズル引きして狙うので、ワームのスイム姿勢はあまり気にしなくて良い。

lure_kisu_004

関連記事

ページ上部へ戻る