ショアジギング

◆基本タックル

 40g以上のメタルジグを使えば、100m以上沖を攻めることも可能。ロッドが長ければ飛距離は出しやすくなるが、肝心なアクションがつけにくいので、操作性も考慮して選びたい。

 リールは使用するラインが200m以上巻けるものが必須。10ft以上のロッドなら3000~4000番が使いやすい。

 ラインはPEの1.5~2号で、リーダーは30lb前後あれば安心だ。

 使用するルアーはメタルジグがメイン。遠投を考えれば40g以上が望ましいが50~60mなら20gほどで対応可能なため、エギングタックルの流用も可能だ。

lure_aomono_002

◆ルアー選びの基本

 使用するルアーはメタルジグがメイン。カラーはブルー、ピンク、シルバー、グリーン、ホワイトなどが定番で、数色用意してローテーションさせるのがいいだろう。また、ワインド用のワームなども遠投が利くのでスレたときのローテーション用として用意しておくのも面白い。

 ジグはカラーと重さだけでなく、形によって動きも変わってくることを知っておこう。オーソドックスなのは重心が真ん中にあるセンターバランスタイプで、スイミングからフォール、ジャークまでそつなく対応できる万能型。重心が後方にあるものはリアバランスと呼ばれ、アクションがより派手になったアピール重視の設計で飛距離も出しやすい。

lure_aomono_003

◆ポイント

 分かりやすいのはナブラ打ち。ナブラというのは、小魚の群れがそれを捕食する大型魚に海面まで追いたてられ海面を波立たせながら逃げ回る様子で、ときには下から突き上げて獲物を襲うフィッシュイーターのボイルなどもみられるほど激しいものだ。

 他に目立ちやすいものとして鳥山がある。上空で群れた海鳥が海に向かって急降下しているときはその下にベイトがいる証拠。小魚が鳥から襲われるほど浮いているのは、群れの下から大きな魚に追われているからに他ならない。鳥山とまではいかなくても、複数の鳥たちが同じ場所を低く飛んでいるときも可能性が高い。といっても、陸っぱりでここまで分かりやすい状況に出くわすことは珍しく、通常は潮目や水色の変化を目印にキャストを繰り返すことになる。潮目というのは、上から見るだけではただの模様だが、海中では流速、水温、塩分濃度などが異なる海水が立体的に接して、壁のようになっている所でもある。

 この壁は泳力の弱いプランクトンが溜まりやすいので、それをエサとする小魚の回遊コースになるほか、極端な水質の変化を嫌う小魚の行く手をさえぎる壁にもなっている。そのため、フィッシュイーターがベイトを追いこむ狩場にもなっているので闇雲にジグをキャストするよりはターゲットに出会える確率が高い場所といえる。

 そのほか魚の回遊コースになるのがブレイクラインや沈み瀬。このように水深が急に浅くなる場所は、海面に立つ波が周りよりもハッキリしているのが特徴だ。

lure_aomono_004

◆釣り方

○キャスト

 まずはロングキャストができることが大切。垂らしを長めにして振り子の要領でルアーの重みをロッドに乗せ、一気に振り抜けるようになるまで練習を重ねよう。

 ロッドはただ振るのではなく、リール側の手を前に押し出しながら、グリップエンドを持つ手を胸に引きつけるようにすることでスイングスピードを上げる。

 力に頼らず、ロッドの弾力を効率よく使えばスイングの軌道が安定しコントロールもつけやすくなるはずだ。

lure_aomono_005

○狙う場所

 潮目を狙う場合は、その向こう側を狙うこと。潮目のどちら側に魚がついているのかを見ただけで判断するのは難しいので、前後探りながら狙う。

 ナブラの中にルアーを入れると、着水音に驚いて群れが散ったりナブラが沈んだりする可能性が高いのでよくない。

 理想的なのはナブラの向こう側か、進行方向の少し先に入れてルアーの泳ぎが安定したタイミングでナブラにぶつかるようにすること。ヒットが多いのはナブラの真ん中ではなく、横か後ろ側なのでルアーがナブラをかすめるようなトレースコースを取りたい。

lure_aomono_006

◆アクション

○スイミング

 着底後、魚に見切られないように高~中速でリトリーブする。たまにリーリングを止めてごく小さくフォールを入れるのも有効。一定のレンジをキープしようとするとリーリングの速度が極端に遅くなるので、下から上に誘い上げるものだと割り切って速めのリトリーブを心がける。

 食わせのタイミングはリーリング速度を若干遅くするくらいでも充分だ。一定の速度で巻き続けるより、このように緩急をつけた方がアピールするようで、速度をゆるめた瞬間や速くした直後のバイトが多い。ジグのタイプにより速度が遅いと、アクションしないものがあるので見えるところで確認しておこう。

lure_aomono_007

○ロングジャーク

 ロッドを大きくシャクり、元の位置に戻しながら余ったラインを巻き取る。シャクったときの高速移動とロッドを戻すタイミングでのフォールでルアーをアピールすることが大切。

 シャクるときは、ジグの振動が分かるくらいの強さで行うこと。シャクリが弱いとジグがうまく泳いでくれないのでアピール不足になってしまう。

 アタリが出るのはフォールのタイミング。大きなフォールがいいのか小さなフォールがいいのかはその時々で違うので、シャクリの幅やリーリングを始めるタイミングを変えて有効なパターンを探りだそう。単純な動きの繰り返しよりは、いくつかのアクションを組み合わせて誘いをかけるのがいいだろう。

lure_aomono_008

○ハイピッチショートジャーク

 小さなシャクリを繰り返し、ジグを小刻みにダートさせるアピール重視のアクションで、スムーズに連続させるには多少の慣れが必要。

 抵抗の大きいジグや長くて重いロッドでは長時間続けるのが体力的にもきついので、タックルバランスを考えるとき、この操作を続けられるようなものを選んでおきたい。

 ロッドをシャクるときにリールのハンドルを下げ、竿先を下げるときにリールのハンドルを上げるようにすれば操作はかなり楽になるはずだ。

 高速で誘いをかけ続けられるのが最大のメリットなので、なるべく手は休めないこと。誘いは瞬間的に止めたり速度を緩めたりする程度の短いものでいい。

lure_aomono_009

関連記事

ページ上部へ戻る