メバリング

◆基本タックル

 メインに使用する1.5~2.5gの軽量ジグヘッドの操作性を優先してタックルを選ぶ。飛距離が15m以上出せることと、1日操作しても疲れないようバランスを整えることが大切だ。

lure_mebal_002

◯ロッド

 メバリングロッドの7.6ftを基準に選択すれば、港湾の平均的なロケーションを広くカバーできる。足場が高かったり飛距離が必要な場合は長めのもの。護岸が低くメバルの着き場になるストラクチャーが手前にあり、コントロール重視のショートキャストを繰り返すなら、短めのものが使いやすい。

◯リール

 使用するラインを100m以上巻ける2000番前後の小型のスピニングリールを使用する。

 慣れてくればリールの巻き抵抗の変化でアタリを取ることが多くなるので、ゆっくりハンドルを回したときに一定の抵抗を滑らかに感じられる、スムーズな巻き心地のリールが使いやすい。

 小型リールは巻き取る力が弱い分、巻き抵抗の変化を敏感に捉えられるので、サイズの大きなリールより繊細なアタリが分かりやすい。相手がメバルならランカークラスがヒットしてもパワーは充分だ。

 アジング用やロックフィッシュ用としても流用でき、軽さも大きなメリットになる。

◯ライン

 軽量仕掛けを遠投し操作するため、ラインは必要な強度を確保した上でなるべく細いものを使用するのがゲームを有利に展開するためのセオリーでもある。

 ナイロンラインかフロロカーボンラインなら1~4lb。PEラインなら0.3~0.6号に3lb前後のリーダーラインをセットする。

 ナイロンラインはクッション性が高いのでより細いラインを選択でき、フロロカーボンは比重が重いので仕掛けの沈みが速く、風があっても操作性が良い。PEは強度と飛距離というそれぞれのメリットを理解したうえで、自分のスタイルや釣り場の状況に合わせて選択する。初心者には使いやすさと釣果のバランスがいいナイロンラインの3lbがおすすめだ。

lure_mebal_003

◆タックルバランス

 ロッドとリールは軽いだけではなく、セットしたときのバランスにも気を配りたい。重心の位置がロッドを握る手の近くにあるほど、感度も良く持ったときに軽く感じられる。

lure_mebal_004

◆ノットとスイベル

 ジグヘッドとラインはユニノットもしくはクリンチノットで直結する。ミノーやメタルジグは、小型のスナップを使用すると交換が早くて便利だ。

◆ルアー選びの基本

 ワームと呼ばれるソフトルアーとミノーやメタルジグといったハードルアーがあり、そのとき、その場所でメバルが捕食しているベイトに合わせて、サイズ、カラー、形状の優先順位で選ぶのが基本になる。

lure_mebal_005

○ソフトルアー

 メバリングではもっともポピュラーなルアーで、主にジグヘッドとの組み合わせで使われる。

 4cm前後で細めのシルエットのものがよく使われるが、サイズの選択が釣果にシビアに反映されるケースが多いため、アミを捕食しているときの3cmから、小魚を捕食する大型用として7cmまでを目安にフィールドに合わせた準備をしておこう。

 サイズ、カラー、形状のバリエーションが多く、ジグヘッドとの組み合わせであらゆるシチュエーションに対応できるが、その分、選択に迷うことも多く特徴をとらえた使い分けがカギとなる。

・ストレートタイプ

 上から下までまっすぐなので、リトリーブ時の動きが少なく自然なアプローチができる。

 テールの動きをより滑らかにするため、テールの先端に向かって細くしたものや、ピンテールと呼ばれるテール部分だけを極端に細くしたものが主流。

 人の目から見れば、形と動きはシンプルだが、ボディに凹凸をつけ微妙な波動を生み出すなど、アピールのための細かい工夫が商品ごとに施されており、メバリングの定番ルアーとして確固たる位置付けがなされている。

・シャッドタイプ

 特徴的なのは魚の尾にも見えるテールの形状。リトリーブの際にここが水流の抵抗を受けて振動することによってより強めのアピールができるので、ストレートタイプではアピールが足りないと感じたときのローテーションや、広範囲に誘いをかけたいときなどに重宝する。

・ワインドタイプ

 俊敏なダートアクションとフォールの組み合わせでメバルを刺激し、活性が低いときに反射的に口を使わせることを目的とした操作重視のワーム。操作にはある程度のコツが必要だが、日中や水温が下がりきる前の秋口の低活性時には出番が多い。

○ジグヘッド

 扱いに慣れないうちは3~5g以上の重いものでも構わないが、最終的には1.55gクラスがストレスなく扱えるようになりたい。

 狙うポイントまでの距離と深さで重さを選ぶのがジグヘッド選びの基本だ。狙う場所が近くて浅ければ軽く、遠くて深いほど重いものを使うのがセオリーになる。

 ジグヘッドが軽いほど、仕掛けの動きが自然で、メバルがくわえたときの違和感も少ないためヒットチャンスを増やせると考えていいが、その分飛距離が落ちたり、深場を狙えなかったりとデメリットも多くなる。

 フォール速度をコントロールしてのアピールや、風や潮流に負けない操作性の向上にも有効なので、重さの使い分けはマスターしておこう。

○ハードルアー

 ワームをソフトルアーというのに対して、金属やプラスチックでできたルアーはハードルアーと呼ばれる。メバリングでの使用頻度はソフトルアーほどではないが、小魚を捕食しているような大型狙いや広範囲を効率よく探るためのサーチベイトとしての出番は多い。

◆漁港のポイント攻略

 日中は岸壁の足下やストラクチャーの際をタイトに狙い、夜はストラクチャーや常夜灯周辺、潮流の変化、地形の変化をといったメバルが好みそうな条件の場所を広くとらえて居場所を絞り込む。

lure_mebal_006

◯テトラ周り

 テトラの斜面に沿うように、表層から徐々に深く探っていく。

 テトラは潮が強く当たる場所に設置されているので、潮の上げ下げで様子ががらりと変わるのが特徴。

 その影響で全く釣れないと思っていた場所が、時間によって爆釣したり、釣れる場所や水深が変わったりする変化が起きやすい。

 海底はテトラの前がエグレて魚の格好の通り道にもなっている。

◯岸壁の足下

 壁に付着した貝や海藻、ケーソンのスリットやエグレなど岸壁の足下は変化が多くメバルが着きやすい条件がそろった場所だ。

 ただ、人が近づきやすくその分魚が警戒するので、ここを狙うなら昼夜にかかわらず、なるべくタイトにルアーを通すことを心がける。ルアーは引くだけではなく、リアクション系のフォールやショートワインドなども効果がある。

◯堤防の角

 角のピンポイントではなく、潮流の影響でできるタルミや、潮目に期待しよう。このような潮の変化は、遊泳力の弱い海中のプランクトンやアミがたまりやすく、それを捕食する小魚も集まりやすい。重めのジグヘッドやハードルアーで縦、横を広く探りたい。

lure_mebal_007

◯常夜灯周り

 明かりの中でパシャパシャしているのは小型が多いが、いるいないがすぐに分かるしルアーの追いもいいので、とりあえず楽しむには最適な場所だ。ジグヘッドリグで表層~ボトムまでをカウントダウンし正確なレンジキープが釣果を生んでくれるはずだ。

 警戒心の強い良型は、明かりの外側に集まる傾向があるので、型狙いなら明暗の境目にルアーを通すようにする。

lure_mebal_008

◯基礎のブレイク

 堤防から数m沖の海底を堤防に沿って走るブレイクは、敷石や捨て石など魚にとって絶好のストラクチャーで構成されている。

 人の気配が強い場所から少し離れているので、この辺りに群れている魚は足下にいるものより、数も多く釣りやすいことが多い。横に広いストラクチャーなので、反応が薄い場所で粘るのではなく、魚を探しながら移動していくのが肝心。

lure_mebal_009

◯係留船周り

 係留船や台船周りを狙うなら、陰がどこにできて、潮がどちらから当たっているかを意識してみよう。魚は潮上に頭を向け、陰の中にいると思っていい。ルアーが魚の後ろから近づくと、警戒させてしまうのと、魚は暗い所から明るいところを泳ぐ獲物をとらえようとしていることを考えれば、どこにキャストしてどのコースを引けば効果が高いかわかるはずだ。浮きブイや係留ロープにも魚が着いていることもある。

lure_mebal_010

◆釣り方の基本

◯カウントダウン

 表層から徐々に沈めながらメバルのいるレンジを探る。

lure_mebal_011

◯レンジキープ

 ルアーを同じ速度で泳がせてレンジを効率よく攻め、自然に近い動きを演出する。

◯デッドスローリトリーブ

 ときには、5秒でハンドル1回転などということも。巻き始めから最後までだと効率が悪いので、ここぞという場所で誘いをかけるときに使う。

◯フリーフォール

 狙うレンジにルアーを送り届けるときのフォール。まっすぐにルアーを沈める。

◯カーブフォール

 沈んでいくものに反応するときに有効。リトリーブをストップしラインを張った状態でルアーを沈ませる。

 ラインの抵抗でゆっくり沈むので誘いの効果があり、ラインを張っているのでアタリも取れる。

◯テンションフォール

 ラインを張った状態でルアーのフォール速度に合わせて竿先を下げながらフォールさせる。速めのフォールに反応がいいときに多用する。急に力が抜けるように沈むので強めのアピールになる。

関連記事

ページ上部へ戻る