タチウオ

◆基本タックル

○ロッド

 ワインド用として専用品がリリースされているが、シーバスやエギングロッドなど、PEラインを使ったルアーフィッシング用のものであれば流用が可能だ。

 中でもエギングタックルはワインドの専用タックルとの共通点が多く流用に向いている。

 ワインドなどのアクションを重視するときは先調子で張りがあるものが使いやすい。長さは8~9ftを選ぶのが主流。エギング同様操作性を考慮に入れて体力に合わせて選ぶのが望ましい。

○リール

 操作性向上のための軽さも求めたい。使用するラインが100m以上巻けるもので、2500~3000番のエギングにも使えるものを選べば間違いない。

○ライン

 PEライン0.8~1号が使いやすい。タチウオは歯が鋭いためリーダーは必須。フロロカーボンの4~5号を70~80cmほど取っておこう。

 タチウオがルアーを襲うとき、リーダーが口に入ってしまうことがラインブレイクのおもな原因。これを防ぐには、リーダーの先端に10~20cmほどのワイヤーリーダーをセットしておくとよい。

 ワイヤーが長すぎるとルアーの動きに影響するので、セットする場合はなるべく短めに設定する。

lure_wind_002

◆ルアー選びの基本

 タチウオは、一定の場所や深さに長くとどまっていることが少ないので、広範囲を狙えて表層からボトムまで広く手早く探れるものを使わないとリズムよくアプローチするのは難しい。メタルジグやバイブレーション、ソフトルアーを重めのジグヘッドリグにセットしたものがこれにあたる。

 中でもソフトルアーは漁師が漁具としてシャッド型のワームを使うほどタチウオと相性がいい。独特のバイトに対応できるようフックが下向きになったジグヘッドやアシストフックなどタチウオ狙いの専用品も数多く出回っている。

 注目したいのがワインド用のワームで、専用ジグヘッドとの組み合わせはタチウオルアーの定番となっている。

◆ポイント

 水深があり、潮流の影響を受けやすい、堤防での実績が高い。小さな漁港よりも大型船の出入りができるような規模の大きな漁港は水深があり、より本流に近い場所まで堤防が突き出しているため狙い目だ。このような漁港の沖にある沖堤防などには有名ポイントも多い。

 ポイントを絞り込むなら、メインのベイトになるイワシやアジなどの回遊型の小魚の動きにも着目しよう。回遊する小魚の通り道になる堤防周りの潮通しが良い場所や、常夜灯周りは小魚が集まりやすい条件が揃っている。

 ほかには、タチウオがベイトを追い込んで捕食するのに都合が良い護岸や堤防の足下近くなどもポイントになりやすい。

○小魚の回遊コース

 堤防の角や先端付近、テトラが置かれている場所は潮通しがよく、ベイトの小魚の回遊も多い場所ではあるが、ポイントとして考えるときは、回遊中の小魚が足を止めやすい条件があるかどうかも考えておきたい。

 カケアガリや沈み瀬、堤防の先端や角など潮流が変化する場所は、遊泳力の弱い小魚、その小魚のエサとなるプランクトンも集まりやすいため、ベイトが長く居る場所だ。

lure_wind_003

○常夜灯周り

 夜間限定となるが、釣り人からすれば分かりやすいポイントの一つ。タチウオは暗いところに身を隠しているので、明かり周辺や光が届きにくいボトム付近でもヒットが多い。

○流れ込み

 漁港にある排水口もベイトが集まる場所。排水口の周辺だけでなく、水の流れる方向を予測しその帯に沿って広範囲を探る。

○湾奥・足下

 捕食モードに入ったタチウオは、ベイトを逃げ場のない岸壁に追い込んで狩りをする。ときには漁港の最奥部まで追い込んでいくこともあり、そこが意外な爆釣ポイントになることもある。

◆釣り方

 縦横に広く探って、反応が良い場所やレンジを見つけたら集中して攻めるのがセオリー。

 タチウオは、ベイトを追ってポイント周辺の移動を頻繁に繰り返すため、同じ場所、同じ深さで釣れ続けることは少ない。

 そのためアタリが遠のいたらルアーを投げる場所を変えたり狙う深さを変えてみるなどの工夫が必要になる。

 キャスト後はフリーフォールでルアーがボトムまで沈むのを待つ。このときロッドを持つ手の反対側の手でラインをつまみ、出を確認しながら待っていると着底が分かりやすい。

 着底後はリーリングを開始。それぞれのルアーに適したアクションをつけながら、底から表層まで斜めに誘い上げていく。

 アタリが出やすいレンジが分かるなら、狙うレンジまでカウントダウンしてリーリングとアクションを開始する。

◆ルアーとアクション

○バイブレーション

 基本はただ巻き。巻き取りの途中で速度を速めたり緩めたりといった変化をつけるのもいい。

 巻き取りの途中でリーリングを止めるストップ&ゴーやロッドを使ってのリフト&フォールなどフォール系のアクションも覚えておきたい。

○メタルジグ

 細かいトゥイッチや緩めのジャークをフォールやただ巻きと組み合わせて誘う。

○ジグヘッド

 バイブレーションと同様、ただ巻きとフォールで使用。アシストフックを使ってフッキング率をアップさせるのも有効。

◆ワインド釣法

 左右にダートする強めのダートアクションでタチウオを狙う釣り方で、先にも記したとおりタチウオのルアー釣りのメインメソッドとなっている。

○ジグヘッド

 使用するのは専用のジグヘッドとワーム。ジグヘッドは1/2ozを基準に、狙う水深が深ければ5/8oz、浅場なら5/8ozというように重さを使い分けると釣りやすさが格段に向上する。

○ワーム

 ワームの独特な形状は、ジグヘッドにセットしてアクションを加えたとき、左右にダートさせるためのもの。

 素材は鋭い歯の攻撃に耐えられ、なおかつワーム特有の軟らかい動きを損なわないしなやかなものが使用されていることが望ましい。

 カラーは、夜やまづめ時といった光量の少ないときの使用が多いためか、ホワイトやグロー系の実績が高く、定番色として外せない色となっている。

○セッティング

 アクションを重視するワインドでは、ワームとジグヘッドのセッティングはしっかりすること。基本的にはまっすぐ刺せばいいが、キャストやアクションの際にズレることもあるので、定期的に確認するようにしよう。

 また有効なチューニングとして、ケミホタル(発光体)をボディに埋め込むというのがある。ミスバイトが多いタチウオのバイトマーカーとして有効なのでぜひ試していただきたい。

lure_wind_004

lure_wind_005

○ワインドの操作

 キャスト後着底を確認したら、1秒に1、2回のペースでロッドをシャクり、ルアーを左右にダートさせながら引いてくる。

 シャクったときにロッドを戻しながらリールを1回転ずつ巻き取ってテンポよく連続ダートさせるのがワインドの基本操作だ。

『ポーン、ポーン』というテンポのシャクリとシャクリの間が食わせるタイミングで、次のシャクリがそのままアワセにつながる。

 連続してアクションさせるだけでなく、時折操作を止めてカーブフォールさせ、食わせの間を長く取るのも有効な誘い方になる。

lure_wind_006

○アワセとランディング

 アタリは、「コッ」とか「ガツガツガツ」という感じで伝わるので感知したら強くアワせること。

 タチウオはエサを口中に吸い込むのではなく、かじりつくだけなので、口の中にフッキングしない場合が多い。

 結果、掛かりが浅くバラすことが多いので、ランディングは、海面近くまでリーリングで寄せたら、ロッドのストロークで一気に抜き上げよう。

関連記事

ページ上部へ戻る